会長挨拶

 

この度、広島司法書士会会長に就任いたしました尾昌二です。

広島司法書士会のホームページをご覧いただきありがとうございます。

平成26年8月20日未明に広島市安佐北区・安佐南区を中心に発生した豪雨土砂災害により、被災された皆様に心よりお見舞いを申し上げます。

この度の災害に対しては、広島県内に限らず全国各地からボランティアが支援活動に参加し、また、地域と連携した活動を行うなど、今もなお活発な支援が続けられています。当会としても、無料電話相談に加え、被災地域周辺や当会総合相談センターでの面談相談を行うとともに、「豪雨災害相談Q&A」「生活情報・各種支援制度Q&A」を作成し当会HPにて情報提供を行う等、被災者の皆様の生活再建・被災地域の復興に力を注いで参りました。今後もできる限りの活動をさせていただく所存です。

さて、司法書士制度の誕生は古く、明治5年(1872年)に遡ります。それ以来、我々司法書士は、「裁判事務・登記手続」を中心として市民の最も身近な法律家として歴史を刻んで参りました。近年では、特に「相続・成年後見」分野での司法書士の活躍が注目されているように、市民の皆様の生涯にわたりお役に立てる場面が増えてきています。

また、企業法務の分野においても、会社の誕生である設立登記から、会社を大きくする資本増加登記、企業再編を行う合併登記や、会社の終結である解散・清算登記に至るまで、あらゆる場面において司法書士が専門家として活躍しています。

私たち司法書士は、まさに「暮らしの法律家」と言えます。

日々の暮らしの中で何かお困りの際は、お近くの司法書士または県内4か所に設置しております当会総合相談センターまでご相談ください。

広島司法書士会会長 田川昭夫

ページ上部の先頭に戻る

広島司法書士会

広島市中区上八丁堀6番69号
電 話(082)221−5345
FAX(082)223−4382
MAP